家電量販店では断られる!?
エアコンの隠蔽配管工事。どうすればいい?

家電量販店で断られる「隠蔽配管」について

 今のエアコンが隠蔽配管(隠ぺい配管)で設置されている場合、特殊な工事が必要となります。家電量販店では対応できないケースがあります。そもそも隠蔽配管工事をするメリットはなんなのか、隠蔽配管工事をするにはどこに依頼していくら掛かるのか、詳しくお答えいたします。

 まずは、隠蔽配管について解説していきましょう。

隠蔽配管はデザイン重視のオフィス、住宅に使われる

 そもそも隠蔽配管とは、エアコンの室内機と室外機をつないでいる配管が外から見えないように隠されている状態で、壁の内側や天井裏などに隠す施工方法です。隠蔽配管が施されている例としては、オフィスビルや見た目を重視したマンション、また階層が高くバルコニーなどもない部屋、室外機置場が遠い場合などに見られます。戸建てでもデザインを重視する際に隠蔽配管で配管を隠す事例も多いです。

 隠蔽配管の施工には「先行配管」というあらかじめ壁や天井の中にエアコンの配管を通しておく方法と「さや管方式」という配管を通すスペースのみ作っておきエアコンを設置する際に配管を通す方法があります。

隠蔽配管と露出配管は、配管を通す穴の位置が違います

 エアコンの配管には隠蔽配管と露出配管の2通りがあります。
露出配管は室内側から外へ向けて真っすぐ穴を開け、壁に沿って配管を室外機へと繋ぎます。室内機から真っすぐに穴を開けるので、部屋の中と外で同じ穴の位置となります。
 一方で隠蔽配管の場合、配管を壁の中に通しているので穴は室外機のすぐ近くに開けられていることが多いです。

なぜ、隠蔽配管は家電量販店では対応できないのか

 隠蔽配管である場合、家電量販店などでエアコンの取付工事が断られてしまうことがあります。配管方法が異なるだけで、なぜ家電量販店では対応できないのか疑問に感じる方もいるでしょう。
ここからは、家電量販店で対応できない理由を解説します。

特殊な技術が必要とされているため

 隠蔽配管のエアコン入替工事には、特殊な技術が必要とされています。
室内機と室外機をつなぐ方法については、ユニオン接続や溶接など様々で、入れ替えるエアコンによっても異なりますが、技術力、手間を要するため、専門技術者が事前に現地調査を行ったうえで対応しないとガス漏れなどの不具合が発生してしまうリスクが高くなります。

 家電量販店は薄利多売方式なので、できるだけリスクを最小限にして少ない利益でもたくさん売らなければなりません。そのため、技術力を必要とするだけでなく、手間と時間がかかり、リスクの高い隠蔽配管のエアコン工事は避けたいのが本音です。

隠蔽配管で設置されているエアコンは、現地調査が必須です

現地調査をした際に、隠蔽配管を再利用できないとされる判断基準としては、

  • 冷媒管の長さが足りない、潰れている、直径が異なる、厚みが異なる場合
  • 電線が2mm3cもしくは2mm4cではない場合
  • 断熱ドレンホースの汎用性がない場合
  • 配管の経年劣化でガス漏れ等の可能性がある

などが挙げられます。しかし、隠蔽配管では壁の内側や天井裏に配管が隠されているので、どのような状態になっているのかは専門業者でなければ判断できません。

 家電量販店のスタッフが提携している工事会社へ依頼し、現地調査を行わない限り正確な見積りは難しいです。提携の工事会社だとしても、単価を考慮すると現地調査から時間と手間のかかる隠蔽配管での工事は利益が出にくく、工事不良のリスクも高いことから「配管の再利用ができない」と言って新たな穴を開ける提案をする場合もあります。

 現地調査に行くにも時間と人件費がかかります。隠蔽配管である場合、現地調査からの見積もりが必須となるので、もし工事をしない場合でもそれまでの手間が多くかかってしまうことになります。こうした理由から、家電量販店ではできる限り現地調査からの見積もりを避けようとしているのです。

 エアコン総本店では現地調査を無料で行なっております。

外から配管が見えていない、それは隠蔽配管の可能性◎

 「今使用しているエアコンが隠蔽配管かどうか分からない」、「どう見分ければ良いのか知りたい」という方も多いでしょう。
隠蔽配管は配管が隠されて見えない状態になっているので、外から配管が見えていないのであれば隠蔽配管である可能性が非常に高いです。以下の項目に該当すると隠蔽配管である可能性は高いと言えます。

  • 室外機が室内機と離れた場所に設置されている
  • 室内機近くに点検口がある
  • 室外機が屋上に設置されている

 自分で判断できない、判断が難しい場合には、専門業者に現地調査を依頼してみましょう。

代表的隠蔽配管工事をするメリット・デメリット

 隠蔽配管は入替工事が難しいなどデメリットが大きいようにも感じられますが、得られるメリットもあります。隠蔽配管工事のメリット・デメリットをどちらも知っておくことが大切です。

隠蔽配管工事のメリット

隠蔽配管工事には3つのメリットがあります。

  • 建物内観・外観の見た目がスッキリする
  • 室外機と離れた場所でもエアコンが設置できる
  • ベランダがない場合でもエアコン設置が可能

 外から配管が見えないことで、建物の景観を損なうことなく快適に過ごせる空間が作れるようになります。また、室外機と離れている場合やスペースに余裕がない場合、外に面していない部屋でも配管を内側に通すことでエアコンの設置が可能となるケースもあります。
他にも、高層マンションなどは安全面からベランダなどの屋外スペースを設けないことがあるので、隠蔽配管が用いられることも多いです。

隠蔽配管工事のデメリット

 隠蔽配管のデメリットは、以下の4つが挙げられます。

  • ドレン(エアコンが空気を冷やす際の熱交換器に付着した水滴(結露)が壁の中で漏れたら壁を壊すなど修繕が大規模になる
  • 設置や修理に多くの時間・費用がかかってしまう
  • 配管の長さによっては冷暖房効率が低下する
  • 配管まわりのトラブルに対応しにくい
  • 害虫がわきやすくなる
  • 配管や電線が劣化すると交換不可能な場合がある

 新築時であれば設置に問題はありませんが新たに隠蔽配管をするとなると壁や天井を一度壊してから配管をするなど大掛かりな工事が必要となり、時間と費用がかなり掛かってしまうでしょう。また、隠蔽配管の場合配管自体が長く、曲がることも多くなるので冷暖房効率が悪くなりやすいです。
他にも、隠蔽配管だからとエアコン入替工事を断られてしまうことや、取り付けられないエアコン機種もあります。

隠蔽配管工事の詳しい費用など

 エアコンの設置・交換に掛かる費用としては、露出配管であれば1台1~1.8万円ほどが相場となります。隠蔽配管を新築で設置する場合には建築費用の中に含まれますが、リフォームや交換で掛かる費用は露出配管よりも高くなります。
工事費の目安をご紹介します。

隠蔽配管の工事費1万円~
配管1ヵ所あたり 6,000円~
配管再利用する際の洗浄 3万円~
エアコン撤去&リサイクル費用1台あたり 7,000円~
内装造作 2万円~

現在の状態や業者によっても工事費は異なるので、必ず見積りを出してもらい検討してみてください。

 詳しい金額については、業者に依頼して現地調査から見積もりを出してもらいましょう。この時、家電量販店へ見積もりを依頼すると隠蔽配管工事だからと断られる、もしくは隠蔽配管の再利用が可能なのに、手間がかかるので新しい穴をあけて露出配管での設置を提案される可能性があります。ただし配管の再利用ができない場合は、新しい穴を開けて露出配管での工事が最適な場合もあります。

 隠蔽配管のメリットはもちろんありますが、デメリットも把握しておかないとメンテナンスの費用が倍以上かかってしまったり、配管の再利用が難しく、結局壁や天井の剥がしたり、新しく露出配管での工事をしなければならなかったりすることもあります。あらかじめどちらも理解した上で検討するようにしましょう。

隠蔽配管工事は、実績の多い施工会社がおススメ!

 隠蔽配管工事はどこに依頼すれば良いのかと悩んでしまうでしょう。
隠蔽配管工事は特殊な技術を必要とすることから、エアコンの配管工事を専門とする施工会社へ依頼することをおすすめします。専門の施工会社であれば、難しい隠蔽配管工事でも施工可能です。

 エアコン総本店であれば、お客様ごとに技術力の高い専任担当者が対応するので迷った際にはぜひお任せください。現在の配管状態がどうなっているのか現地調査から施工まで、丁寧に実施させていただきます。

「隠蔽配管工事」まとめ

 ここまで隠蔽配管について解説してきました。家電量販店では施工できるものと施工できない、できるけど依頼を受けないものもあります。
もし、家電量販店で断られてしまった場合には、お客様ごとに専任担当者が対応するエアコン総本店にご相談ください。

 どのような工事が必要となるか、現地調査をして見積もりを提出いただきます。誠心誠意対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

合わせて読みたい記事

安いが売りの業務用エアコン施工会社は注意!安さの理由を知ろう