業務用エアコンの設置費用はどれくらい?相場をご紹介します

業務用エアコンにはさまざまな種類があり、事業所によって適切な種類を選ぶことが大切です。

今回は業務用エアコンの種類やそれぞれの設置費用についてご紹介いたします。これから業務用エアコンを設置したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

業務用エアコンの種類と費用

・壁付け型

壁付け型は、室内機を壁に設置するタイプの業務用エアコンです。家庭用エアコンと同じような小型タイプのため、業務用エアコンの中では最も安い費用で設置できます。

ただし、小型で軽い壁付け型はパワーが比較的小さく、広いオフィスや店舗にはやや不向きです。

壁付け型の設置費用は、一般的に40,000~150,000円程度(本体価格別)が相場とされています。

・床置き型

床置き型は、床に直接設置する縦長タイプの業務用エアコンです。壁や天井の加工が禁止されている場所や面積が広い場所に適しています。壁付け型よりもパワーが大きく、設置費用もそれほど高くないのがメリットです。

一方、比較的大きい床置き型は設置場所をとるため、小規模のオフィスや店舗には不向きと言えます。また、デザイン性が重視されるオフィスなどにもあまり向いていないでしょう。

床置き型の設置費用は、一般的に50,000〜250,000円程度です。

・天井吊型

天井吊型は、天井に設置する露出型の業務用エアコンです。天井の埋め込みスペースを必要としないため、天井を壊さずに設置できます。遠くまで送風できるパワーがある天井吊型は、広いオフィスや店舗に向いているでしょう。

従来はデザイン性がそれほど高くなかったため、空間デザインにこだわりたい場合はあまりおすすめできませんでした。しかし現在はデザイン性も高く、ダイキンの天吊りスタイリッシュフローは空間を引き締める「黒」を基調としたデザインとなっています。

天井吊型の設置費用は、一般的に70,000〜200,000円程度です。

・天井埋め込み型

天井埋め込み型は、天井の内部に本体を埋め込むタイプの業務用エアコンです。風が室内にくまなく行き渡りやすく、省エネ効果が期待できるため、多くの店舗やオフィスに導入されています。また、エアコン本体が天井内にすっきり収まるので、インテリアにこだわりたい場合にもおすすめです。

天井埋め込み型の設置費用は、80,000〜220,000円程度と高額になる傾向があります。

適切な業務用エアコンの選び方

・エアコンの馬力とは?

業務用エアコンの「馬力」とは、出力の強さを表す単位のことです。家庭用エアコンの出力単位が「kw(キロワット)」であるのに対して、業務用エアコンの出力は「馬力」で表します。

業務用エアコンを選ぶ際は、適切な馬力のものを選ぶことが大切です。馬力の足りないエアコンを選んでしまうと、以下のようなデメリットがあります。

  • 冷えにくく暖まりにくい
  • エネルギー効率が悪くなり電気代が高くなる
  • 故障の原因になったり寿命を縮めたりする

また、部屋の広さや設置場所の条件などによって適切な馬力は異なるため、事前に確認することが大切です。

・部屋の広さ別に求められる馬力

部屋の広さと必要な馬力の目安は、以下の通りです。

設置場所の面積必要な馬力の目安
7〜10坪1.5馬力
8~11坪1.8馬力
9~13坪2.0馬力
10~14坪2.3馬力
11~16坪2.5馬力
14〜21坪3.0馬力
20〜30坪4.0馬力

業務用エアコンは、広い場所になるほど馬力が大きくなります。

しかし、馬力が大きくなれば設置費用も高くなるため注意が必要です。業務用エアコンの種類にもよりますが、10馬力のエアコンの場合は、1.5〜2.5馬力のエアコンの2〜3倍ほど設置費用が高くなるでしょう。

また、同じ面積でも業種や設置場所の用途次第で、適切な馬力は異なります。広さだけで馬力を選ばないようにすることが大切です。

・設置場所の用途

業務用エアコンを設置する場所の用途によって、「空調負荷」が異なります。空調負荷とは、「部屋に出入りする熱量」「その部屋内で発生する熱量」のことです。空調負荷が高い場所では、馬力の大きなエアコンを設置する必要があります。

たとえば、パソコンやコピー機などのOA機器が多く設置されているオフィスは、機器から発せられる熱で室内が暖まりやすいです。広さだけで馬力を選んでしまうと、想定よりも冷えにくくなる可能性があります。

また、鉄板焼き店や焼肉店なども調理の熱によって店内が暑くなるため、馬力の大きいエアコンを設置する必要があるでしょう。

以上のように、適切な馬力を選ぶには設置場所の広さに加えて「用途」も考慮する必要があります。

・オプション機能

業務用エアコンを選ぶ際は、馬力の他にオプション機能も考慮することが大切です。オプション機能によっては、便利なうえに電気代の節約にもつながります。

業務用エアコンの主なオプション機能は以下の通りです。

人感センサー機能は、センサーで湿度や温度をキャッチして温度を自動調節してくれる機能です。人がいない場合は省エネ運転に切り替えたり運転停止したりしてくれるため、省エネにつながります。集中管理遠隔機能が付いていれば電気代が目に見えやすく、省エネに対する意識が高まるでしょう。 また、フィルターを自動で毎日掃除してくれる掃除機能があれば、エネルギー効率が上昇して電気代の節約につながります。

業務用エアコンの注意点

・追加工事が発生することもある

設置場所の状況によっては、設置以外の追加工事が必要になることもあります。追加工事が必要になる場合と工事費用の相場は以下の通りです。

追加工事の理由費用の目安
室内機と室外機の距離が遠く、配管を延ばさなければならない1mあたり2,000〜3,000円
室外機を高所に設置しなければならない3,000〜10,000円
室外機を設置するために金具の取り付けなどが必要8,000〜16,000円
「電源がない」「電力不足」などで電気工事が必要2,000〜5,000円
既存のエアコンからの入れ替えで、古いエアコンを撤去・廃棄しなければならない40,000〜200,000円

・相見積もりをとろう

業務用エアコンは販売業者によって価格や設置費用に差があるため、相見積もりをとるのがおすすめです。複数の販売業者から見積もりをとり、比較して選定しましょう。

また、価格だけでなく「アフターサポートが充実しているか」や「疑問点を的確に解消してくれるか」など、きちんと対応してくれる販売業者を選ぶことも大切です。

・家庭用エアコンでも代用できる?

店舗やオフィスに家庭用エアコンを設置すること自体は可能ですが、避けたほうが無難です。

家庭用エアコンは馬力が低いため、店舗やオフィスでは複数台を稼働させる必要があります。しかし、強い負荷がかかってブレーカーが落ちる可能性もあるうえに、電気代も高くなりがちです。

コスト面や安全性の面からも、店舗やオフィスには業務用エアコンを設置するほうがよいでしょう。

まとめ

業務用エアコンは種類や馬力、設置場所の用途によって価格に大きな差があります。コストを抑えつつ最適な業務用エアコンを設置するには、適正料金で正確に施工してくれる業者を選ぶことが大切です。

エアコン総本店はあらゆる形状のエアコンを揃えており、幅広い設置環境にも対応できます。又、エアコン総本店では現地調査、見積、工事、アフターフォローまで一貫して専任担当者が承ります。現地調査では、正確な設置状況を把握しているため、ご提案後の見積に対して追加工事が発生いたしません。現地調査・見積作成はすべて無料で承ります。どうぞお気軽にご相談ください。

合わせて読みたい記事

業務用エアコン導入するときにエコリースを使おう!エコリースの詳細やメリットを紹介

ハウジング、マルチエアコン、パッケージエアコンとは?特徴や違いを紹介

業務用エアコンのアフターケアーは必要?保証期間の目安