東京・神奈川・千葉・埼玉の
業務用エアコン取付・交換ならエアコン総本店へ!

施行件数50,000台以上

業務用のパッケージエアコンとは、一体何でしょうか?

パッケージエアコンとは、店舗オフィス用の業務用エアコン

エアコンには室外機と室内機がありますが、室外機の稼働中に、つながっている室内機が連動して稼働するタイプのエアコンのことを、パッケージエアコンと呼びます。業務用パッケージエアコンとは、ビルや店舗の天井などに設置されているエアコンを指します。

1台の室外機につながっている複数の室内機を個別に室温やON/OFFをコントロールできる、マルチエアコンという機種もあります。

その特徴を下記に解説いたします。

室外機一つで複数台の温度設定が可能!パッケージエアコンのメリット

まずはパッケージエアコンを導入するメリットとデメリットをご紹介します。

パッケージエアコンのメリット

  • 馬力が高い

家庭用エアコンよりも馬力が高いことが1つ目のメリットです。家庭用エアコンは3馬力までしかありませんが、パッケージエアコンなら1.5~10馬力まであります。部屋の広さや環境に応じた馬力がないと、エアコンに負荷がかかって故障につながりやすいですが、パッケージエアコンなら適切な馬力(能力)の機種を選ぶことで過剰な負荷もかかりにくいです。
また、パワーがあるのでドアの開け閉めが激しい場所でも温度を一定に保つことができます。飲食店や美容室などの人の出入りが多い場所では特に恩恵を受けられるでしょう。

  • 複数の室内機をつなげられる

パッケージエアコンは、1つの室外機に対して複数の室内機をつなげられることが2つ目のメリットです。一般的な家庭用のルームエアコンは1つの室内機に対して1つの室内機がつながってます。そのため、必要なエアコンの台数分室外機を設置することになります。

  • 室外機1台で各室内機ごとの温度管理が可能

メリットの3つ目として、パッケージエアコンの中でもマルチエアコンという種類なら、複数の室内機ごとに、それぞれのリモコンで個別にコントロールできます。会社・店舗・飲食店・理容室・ご家庭などの様々な場所でも省スペースで空間設備が整えられます。

  • 耐久性が高い

メリットの4つ目は、耐久性が高いことが挙げられます。一般的な家庭用のエアコンに比べて、パッケージエアコンは稼働率も多く、設置場所も様々であることからその分耐久性に優れています。外熱や雨風を受けにくいように設置することは基本ですが、パッケージエアコンは家庭用エアコンより外的要因でのトラブルは少ないと言えるでしょう。

  • 機種が豊富で、空間に適したエアコンが選べる

パッケージエアコンには、様々な種類のエアコンがあります。埋め込み式のものや吊り方式のものなど様々あるので、空間に適したエアコンが選べることが、5つ目のメリットです。家庭用の壁掛のエアコンだと空間のデザインに影響があることも多いですが、天井埋め込み型などのパッケージエアコンならインテリアの邪魔にならずに設置することができます。

  • 省エネタイプで電気代が安くなる

業務用パッケージエアコンは、オフィスや店舗など、稼働時間が長い環境で使用されます。各メーカーから省エネタイプが発売されています。また、業務用エアコンは一般的に「低圧契約」という長時間使用ではコストメリットのある契約ですので、家庭用にのエアコンに比べると省エネ効果が高くなることが6つ目のメリットです。小規模な店舗やクリニックなどで常にエアコンを使う場合は、パッケージエアコンの方が電気代がお得になります。最初に工事費用はかかりますが、調理現場・人の出入りが激しいお店でエアコンを使うのであればパッケージエアコンを導入するのがおすすめです。

  • 施工会社によっては工事保証が長い

パッケージエアコンの7つ目のメリットは、家庭用エアコンよりも工事保証が長い施工会社が多いことです。家庭用エアコンの工事保証は1~5年と短めですが、パッケージエアコンの工事保証は会社によっては5~15年と長い保証のものが多いです。

パッケージエアコンのデメリット

  • 埋め込み式はメンテナンスがしにくい

パッケージエアコンの中でも一般的なのが、天井埋め込みカセット型です。このタイプは天井にエアコンが埋め込まれているため、インテリアの邪魔をせず、さらに部屋の隅々まで温度調整がしやすいという特徴があります。しかし、天井に埋め込まれているせいでどうしてもクリーニングやメンテナンスはしにくいです。
エアコンの稼働効率を高めるためにも、定期的にプロの業者へメンテナンスを依頼するようにしましょう。

  • 室外機が故障すると室内機すべての交換が必要

ルームエアコンより頑丈とはいえ、使用環境や経年劣化により室外機が故障してしまった場合、つながれている複数の室内機もすべて交換しなければなりません。交換の際の費用が掛かることはデメリットといえるでしょう。

  • マルチエアコンは機種が少ない

マルチエアコンは販売メーカーもタイプも限定的になるので、複数のメーカーや製品の特徴、価格などの比較が限定的になります。長く使うものなので、色々な観点で比較しづらいことはデメリットではないでしょうか。

隠蔽配管である場合、家電量販店などでエアコンの取付工事が断られてしまうことがあります。配管方法が異なるだけで、なぜ家電量販店では対応できないのか疑問に感じる方もいるでしょう。
ここからは、家電量販店で対応できない理由を解説します。

パッケージエアコンとマルチエアコンはどんな場所で使われているの?

パッケージエアコンは、現在様々な場所で使われています。

主に使われているのは、会社や事務所、店舗、病院飲食店、喫茶店、理容室などです。その他にも、ビルや工場・ホールでも専用のパッケージエアコンが使われています。一方、マルチエアコンは大規模施設やビルで使用されることが多いです。

パッケージエアコンの種類

パッケージエアコンの種類は、店舗・オフィス用、ビル用、設備用の3つに分けられています。どのように分けられているのか詳しくご紹介していきます。

店舗・オフィス用のパッケージエアコン

会社・事務所・病院・飲食店・喫茶店・理容室などで使われている店舗用のエアコンには、店舗・オフィス用のパッケージエアコンが使われています。一般的に「パッケージエアコン」といったら店舗用のエアコンを指すことがほとんどです。広い空間や高い天井にも対応しており、馬力があるのが特徴です。

設備用のパッケージエアコン

設備用のパッケージエアコンは、広い工場やホールなどのある程度規模の大きい空間で使われます。その他にも、温度管理・運転時間が重要な場所といった条件によって選ばれることも多いです。

ビル用のマルチエアコン

ビル用のエアコンをビル用マルチエアコンと言い、ビルを含む大規模施設で使用されます。
店舗・オフィス用のパッケージエアコンよりも馬力が高く、3馬力~あります。1つの室外機に複数の室内機をつなげることができ、店舗・オフィス用のパッケージエアコンと違って、個別で室内機を運転させることが可能です。冷媒配管長と室内外機高低差室外機の自由度が高いこともビル用のマルチエアコンの特徴です。

「業務用のパッケージエアコン」まとめ

パッケージエアコンは、主に会社・事務所・病院・飲食店・喫茶店・理容室などで使われています。パッケージエアコンのメリットは、馬力が高くて丈夫で複数の室内機をつなげられることなどが挙げられます。
しかし、設置場所によってはつなげた室内機が連動してしまうことがデメリットに感じてしまうかもしれません。

それでもインテリアの邪魔にならず効率良く空調管理ができるので、お悩みの方はエアコンを専門に取り扱うエアコン総本店へご相談ください。


合わせて読みたい記事

安いが売りの業務用エアコン施工会社は注意!安さの理由を知ろう

業務用エアコンの今すぐできる節電方法を紹介

エアコンコラム
家電量販店では断られる!?
エアコンの隠蔽配管工事。どうすればいい?
2021年10月22日
エアコンコラム
業務用エアコンのおすすめメーカーは?
違いやメーカーの特徴まとめ
2021年11月11日

ページの先頭に戻る