東京・神奈川・千葉・埼玉の
業務用エアコン取付・交換ならエアコン総本店へ!

施行件数50,000台以上

業務用エアコンの工事費はどれくらい?高くなるケースと併せてご紹介

業務用エアコンを取り付けたいと考えていても、工事費用について不安を感じている方もおられるのではないでしょうか。工事費について知らなければ工事費が高くなる可能性もあります。

そこで今回は業務用エアコンの工事費についてご紹介いたします。

業務用エアコンの工事費用相場

業務用エアコンの工事費用は、馬力や室内機の個数、業者などによって異なります。以下では工事費用の相場をタイプ別にご紹介します。

・業務用エアコンの工事費用相場

業務用エアコンの工事費用相場は6~21万円と非常に幅が広く、エアコンのタイプによっても金額に差が出ます。

<壁掛け>

壁掛けタイプは、1.5~2.5馬力のシングルタイプだと5・6万円前後、8馬力のマルチタイプで14・5万円前後です。

壁掛けタイプは比較的小型で設置が簡単なので、業務用エアコンの中では最も安く取付ができます。

<床置き>

床の上に直接置く床置きタイプは、1.5~2.5馬力のシングルタイプで5・6万円前後、10馬力のマルチタイプで18万円前後です。

床置きタイプには馬力の大きいものもありますが、壁掛けより重量があるため壁掛けと比べると若干工事費が異なります。しかし設置が簡単であるため工事費用は比較的安く設定されている傾向にあります。

<天井吊>

天井に設置する天井吊タイプは、1.5~2.5馬力のシングルタイプで8・9万円程度、10馬力のマルチタイプで18~20万円程度です。

壁や天井に穴を開ける必要がないため、「埋込タイプ」よりも安く設置できます。

<埋込>

天井に本体を埋め込む埋込タイプは、1.5~2.5馬力のシングルタイプで9・10万円前後、10馬力のマルチタイプで20~21万円程度です。

天井に穴が空いておらず、新規設置の際は別途穴あけ費用が必要になります。既に穴が空いていても、エアコンの形状によって微調整を加える場合がありますので、業務用エアコンの中では最も工事費用の高いタイプです。

・なぜ費用差が大きい?

業務用エアコンの工事費用の差が大きい理由は以下の2つです。

<業務用エアコンの馬力>

業務用エアコンの馬力は1.5~10まであります。馬力とはエアコンのパワーのことで、場所が広いほど大きい馬力が必要です。馬力が大きくなるほど本体も大きくなるので、工事費用が高額になる傾向にあります。

<業務用エアコンのタイプ>

業務用エアコンのタイプは壁掛けや床置き、天井吊などさまざまな種類があり、タイプによって工事費用が異なります。壁掛けや床置きタイプは設置が比較的簡単であるため、他のタイプの業務用エアコンよりも安く工事できる傾向にあります。一方、天井埋込タイプは大きな工事が必要になるため、工事費が高くなりがちです。

さらに、業務用エアコンは室内機と室外機がそれぞれ1台ずつの「シングルタイプ」と、複数の室内機を1台の室外機で稼働させる「マルチタイプ」の2つに分類されます。

マルチタイプは複数の室内機が必要で工事の手間がかかるため、シングルタイプよりも工事費が高くなる傾向にあります。

・工事は購入先に依頼するのが◎

少しでも費用を抑えたい場合、業務用エアコンの設置工事は購入先の業者に依頼するのがおすすめです。

取付までを1つの業者に任せることで、余計な仲介料がかかりません。複数の業者と連絡を取り合う必要もないので工事の効率もよいでしょう。

業務用エアコンの工事費が高くなるケース

業務用エアコンの取付費用に追加料金がかかる場合があります。

・そもそも「標準工事」には何が含まれている?業務用エアコンの取付費用に追加料金がかかる場合があります。

標準工事には新機器の設置と配管工事が含まれています。標準工事とは最も簡単に取付ができる工事のことです。そのため、電源がなかったり室内機と室外機の距離が離れたりするとそれだけで追加料金がかかります。

・本体と室外機の距離が遠い

本体と室外機をつなぐには配管が必要です。

業者によっても異なりますが標準工事には4~8mまでの配管が含まれています。本体と室外機の距離が各業者で定められた基準よりも離れている場合は、追加の配管が必要となり、追加料金がかかります。

・電源がない

業務用エアコンは家庭用よりもパワーが大きいため、専用の電源が必要です。業務用エアコンに対応できる電源がない場合、電気工事も対応できる業者であれば費用が標準工事の料金にプラスされます。なお、電気工事の費用は2・3万円前後です。

・室外機の設置場所が高所

室外機は重量があるので、荷上げが必要になる場所に設置する場合は追加料金がかかります。一般的に5,000~1万円前後が標準工事の費用に追加されます。壁面に設置する場合は材料費や作業費も発生します。

・業者によっては見積り以外の追加工事費用がかかってしまうケースも

工事を担当する業者が一貫ではない場合、中間マージンなどが発生し追加費用が必要になります。複数の業者が入ることで連携がとれず要望通りにならない、工事費用が追加請求されるリスクもあります。できれば購入から施工まで一貫して行なっている業者に依頼しましょう。

業務用エアコンの取付工事の手順

こちらでは業務用エアコンを新規で取り付ける際の手順と、既存のものを新しい業務用エアコンに交換する際の手順について、ご紹介します。

・新規で業務用エアコンの取付工事をする手順

  1. 搬入経路と工事スペースの確保
  2. 通路や周辺の養生
  3. 室内機と室外機の設置
  4. 配管や配線をつなぐ
  5. 化粧パネルやリモコンなど付属品類の設置
  6. 設備の中に残った空気を抜いて真空状態にする(真空引き)と、装置内部の期待が漏れないかの確認作業(気密試験)
  7. 試運転
  8. 清掃
  9. 引き渡し

・既存の業務用エアコンを新しく交換する手順

  1. 搬入経路と工事スペースの確保
  2. 通路や周辺の養生
  3. 既存の業務用エアコンから冷媒ガスをフロン回収装置などで回収する
  4. 既存の室内機と室外機を外す
  5. 新しい室内機と室外機の設置
  6. 配管や配線をつなぐ
  7. 化粧パネルやリモコンなど付属品類の設置
  8. 設備の中に残った空気を抜いて真空状態にする(真空引き)と、装置内部の気体が漏れないかの確認作業(気密試験)
  9. 試運転
  10. 清掃
  11. 引き渡し

・業務用エアコンの取付工事にはどれくらい期間がかかる?

業務用エアコンの新規取付や、交換だけであればそれほど時間はかかりません。業務用エアコンの種類によって工事にかかる時間は変わりますが、どれも大体1日で終わります。

エアコンのタイプ 時間
壁掛型 2~3時間
床置型 3~4時間
天吊型 3~4時間
天吊カセット型 4~5時間
ビルトイン型 6~8時間

特に工事にかかる時間が短いのは壁掛型で、早ければ2~3時間で終わります。反対に、最も時間がかかるのはビルトイン型で、6~8時間は必要なので余裕をもって工事を行いましょう。

ただし、これは1台あたりの設置にかかる時間です。よって、設置したい業務用エアコンの数が増えるほどその分時間もかかります。また、電気工事や既存のエアコンの撤去作業が必要な場合も工事の時間は増えてしまいます。

事前に見積もりをとっていても、実際に工事を開始してから追加で費用が必要になる可能性もあるでしょう。

いずれにせよ、業務用エアコンの取付工事は早めに相談しておくほうがよいでしょう。

業務用エアコンの取付工事のポイント

業務用エアコンの取付工事では以下の4つのポイントに気を付けましょう。

・室内機と室外機を設置する場所の確認

室内機は、どこに取り付けるかによって送風できる場所が異なります。設置場所がよくないと、一定の場所にしか風が当たらないので空気がうまく循環しません。ムラなく室内を快適な温度にするためには、室内全体に風が届くような場所に室内機を設置することが大切です。

また、室外機は前後に十分なスペースがないと風の通り道ができず、空気の循環が行えません。そのため、狭い場所に無理やり室外機を設置することは避けたほうがよいでしょう。

室外機の設置場所は、できるだけ「室内機に近い」「天候の影響を受けにくい」「平坦な開けた場所」が理想です。エアコンの室内機と室外機が離れてしまうとその分空気の循環に必要な距離も伸びてしまい、電力効率の低下を招きます。家庭用のエアコンに比べて業務用エアコンはパワフルではありますが、できれば近い場所に設置することをおすすめします。

・施工手順と工期の確認

先ほど業務用エアコンの取付工事にかかる時間をご紹介しましたが、工事の手順やスケジュールについても必ず確認しておきましょう。取付工事中は基本的に周辺に立ち入ることができません。そのため、万が一スケジュール通りに工事が進んでいないと、業務に支障が出てしまう可能性があります。もしスケジュール通りに進んでいないようであれば、早急に工事業者に相談しましょう。

業務用エアコンは家庭用エアコンに比べて複雑な作業が必要になるため、工事の時間も多くかかってしまいます。よって事前に多少の遅れが発生しても対応できるよう、日程の調整しておくことも大切です。

・サポートやアフターサービスについて

無事に業務用エアコンを取り付けても、トラブルが起こらないとは限りません。試運転では問題がなくても、後から不具合が見つかることもあるでしょう。そのため、工事を依頼する業者にサポートやアフターサービスがあるかをよく確認してください。もし取り付けた後にトラブルがあっても、サポートやアフターサービスがあれば追加費用をかけずに対応してもらえます。

また、サポート内容や受けられる期間についても確認しておきましょう。

業務用エアコンの故障は家庭用エアコンに比べて修理費用が高く、修理にかかる工事も長くなります。サポートやアフターサービスがない業者に依頼してしまうと、たとえ取付工事の費用が安くても、後から修理が必要になり、結果費用が高く付きかねません。

・周辺への配慮

工事の内容や取付場所によっては工事の申請が必要です。特にビルなどは管理者側への申請や許可が必要なことも多いので、事前に確認しておきましょう。

また、工事には音や振動がつきものです。工事の前には周辺へのあいさつや説明を行い、理解を得られるようにしてください。特に、夜間の工事はトラブルにつながりやすいです。工事を依頼した業者があいさつや説明を行う場合でも任せっきりにせず、自分から説明に動くことでトラブルを未然に防ぎやすくなります。

まとめ

業務用エアコンの工事費用は馬力やタイプで大きく異なります。また、本体と室外機の距離が遠い場合や電源がない場合などは標準工事の費用に追加料金が加算されます。業務用エアコンの設置費用を抑えたい場合は、販売から取付まで一貫で行う業者に依頼するのがおすすめです。

エアコン総本店では、見積もりから施工完了まで一貫して行う「専任担当制」で対応しています。現地調査・見積作成はすべて無料で承りますので、ぜひ気軽にお問い合わせください。

合わせて読みたい記事

業務用エアコン導入するときにエコリースを使おう!エコリースの詳細やメリットを紹介

ハウジング、マルチエアコン、パッケージエアコンとは?特徴や違いを紹介

業務用エアコンのアフターケアーは必要?保証期間の目安

エアコンコラム
快適な職場は空調がカギ!業務用エアコンの取付の流れをご紹介
2022年1月6日
エアコンコラム
業務用エアコンの本体価格はどれくらい?タイプ別にご紹介します
2022年1月6日

ページの先頭に戻る