空調で従業員を熱中症から守る!対策方法や対処法を知っておこう | 業務用エアコン取付工事・通販のエアコン総本店

空調で従業員を熱中症から守る!対策方法や対処法を知っておこう

高温多湿の猛暑が続く日本の夏は、亜熱帯気候並みと言われていることをご存じでしょうか。日々多くの熱中症患者が搬送されており、暑さ対策は従業員を守るために欠かせません。

今回は熱中症の対策で求められる、適切な空調の使い方を紹介します。

 

 

そもそも熱中症はどのような症状?

 

まずは暑さ対策を行うための基礎知識として、熱中症について理解しましょう。

 

・熱中症とは

熱中症とは、高温多湿の環境にいるために体内の水分や塩分(ナトリウム)のバランスが崩れたり、体温調節機能が働かなくなったりして起きる諸症状のことを言います。主な症状として、頭痛やめまい、吐き気などが挙げられますが、重度の場合は命を落とす可能性もある危険な状態です。

 

・日射病や熱射病との違い

熱中症は体温が上昇することで起こる健康被害の総称であり、日射病や熱射病も熱中症の一つです。一般的には、直射日光が原因となるものを日射病、高温により中枢機能に異常が起こる状態を熱射病と呼びます。

 

・熱中症の症状

熱中症は症状の重症度に応じて、Ⅰ~Ⅲ度に分類されます。それぞれの段階で見られる症状を詳しく確認していきましょう。

 

<Ⅰ度>

Ⅰ度では、主にめまいや熱失神などの比較的軽い症状が現れます。体内の熱を逃がすために皮膚血管が拡張することで、脳に血液が届きにくくなり、脳が酸欠状態になるのが原因です。立ち上がったときになりやすいですが、現場の応急処置で対応できます。

 

<Ⅱ度>

Ⅱ度は、熱けいれんや熱疲労といった、場合によっては病院への搬送が必要になる中度の症状です。高温すぎる環境下では、大量の汗をかくと体内の塩分が欠乏し、足や腕、腹などに傷みを伴う熱けいれん(筋肉のこむら返り)が起きます。

さらに、熱中症が進むと脱水状態になり、頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感(けんたいかん)・虚脱感などの症状が出ます。これは「熱疲労」「熱疲弊」「熱疲憊(ねつひはい)」と呼ばれる状態で、すぐに病院での処置が必要な状態です。

 

<Ⅲ度>

Ⅲ度になると体温調節が完全にできなくなり、体温は40°Cを超えます。また、体温の上昇により中枢機能に異常をきたし、意識障害やけいれんなどを起こします。これが熱射病です。体の臓器に障害が出るだけでなく、命にもかかわる重度の状態であるため、早急に入院や集中治療を行う必要があります。

 

 

熱中症が起こる原因

ここからは熱中症が起こる原因を解説します。熱中症の原因を把握しておけば、予防ができるでしょう。

 

・熱中症が起こる原因

熱中症は、以下の3つの要因が重なることで起こりやすくなると言われています。

 

<環境>

気温や湿度が高いほか、風が弱い、日差しが強いなどの環境では、熱中症が起こりやすい傾向にあります。たとえば、運動場や公園、体育館、車内、倉庫などです。

ただし、熱中症は必ずしも屋外で起こるわけではありません。消防庁の発表によると、令和4年における発生場所別の救急搬送人員数は、住宅が最も多くなっています。熱中症は条件を満たしていれば、屋内でも十分起こり得るということを理解しておきましょう。

 

<体>

体の要因としては、主に乳幼児、高齢者、持病などが挙げられます。特に、乳幼児や高齢者は体温調節機能の未熟さや衰えにより熱がこもりやすいため、注意が必要です。また、寝不足や体調不良も体温調節機能の乱れを招きやすく、熱中症のリスクを高めると言われています。その他、二日酔いや下痢による脱水症状、肥満、暑さに体が慣れていないことなども、熱中症の原因になる可能性があるでしょう。

 

<行動>

激しい筋肉運動や無理な運動、長時間の屋外作業、水分補給をしないといった行動も、熱中症のリスクを高める要因です。また、家庭内でも閉め切った状態で長時間いたり寝ていたりすると、熱中症を起こす危険性があります。

 

・熱中症を防ぐために求められる環境とは

熱中症を防ぐためには、活動場所を温度22~25°C、湿度50%の環境に整えることが理想とされています。

屋外で温度や湿度の調節はできませんが、屋内なら空調で予防対策が可能です。屋内は屋外よりも熱や湿気がこもりやすく、風通しも悪いため、気付いたときには重度の熱中症になっていたというケースも少なくありません。場に応じた方法で、熱中症を防ぎましょう。

 

 

熱中症を防ぐための正しい空調の使い方

・温度以外にも注意は必要

熱中症予防で注意しなければならないのは、温度だけではありません。環境省では毎年6~9月頃に、「暑さ指数(WBGT)」と呼ばれる数値を用いて、熱中症の危険度を知らせています。暑さ指数の測定には、「温度」に加えて「湿度」と「輻射熱(ふくしゃねつ)」も考慮され、それぞれ以下の割合で計算します。

 

  • 屋外:温度・湿度・輻射熱を1:7:2
  • 屋内:湿度と輻射熱を7:3

 

暑さ指数が28°Cを超えると、熱中症のリスクが高まるため、注意が必要です。

ここからは、3つの要素を最適にする条件を解説します。

 

<温度>

生産性を考慮すると、温度はある程度温かいほうがよいと言われています。実際、室温を20~25°Cに上げたところ、タイピングミスが44%減り、入力できた文字数が150%に増えたという研究結果も報告されています。ただし、26~32°Cに上がると1°Cごとに作業効率が2%下がったという記録もあり、暑すぎるのもよくありません。個人によっても体感温度は異なるため、こまめな調節が必要になるでしょう。

 

<湿度>

暑さ指数の比率からもわかるように、湿度は最適な空調環境を整えるうえで非常に大切な要素です。湿度は気化熱の原理により、10%変わると体感温度が2°C変わると言われています。室内の温度はあまり高くないのに暑いと感じるのはこの原理によるものです。快適な湿度は、夏の場合55~60%、相対湿度で考えると50%と言われているため、湿度計やエアコンの湿度センサーを使って調整しましょう。

 

<輻射熱>

輻射熱とは、太陽や機械など高温の物体から放出される熱のことです。電磁波のため、空気の影響を受けず、離れた距離からでも直接熱が伝わります。また、輻射熱は物体に当たった後も、たまった熱を温度の高いほうから低いほうへと放出し続けます。冷房をつけてもなかなか室温が下がらなかったり、エアコンを切ると暑くなったりするのは、この外壁や屋根に溜め込まれた太陽からの輻射熱が原因です。加えて、360度全方向に移動する性質があるため、屋内では特に暑さを感じやすいでしょう。

対策としては、風を天井や壁に向けて運転するのが有効です。熱源を直接冷やすため、暑さを感じにくくなります。

 

・環境省が推奨する28°Cに設定すれば安心?

環境省では、人が活動するうえで最適な温度を「28°C」としていますが、これは設定温度ではなく、室温が28°Cという意味です。ただし、これまで解説したように、暑さの感じ方は湿度や輻射熱、人によって異なります。室温が低くても暑さを感じる場合は、設定温度にこだわりすぎず、必要に応じて温度調節をしましょう。

 

 

まとめ

熱中症対策として、エアコンの使用は必要不可欠です。従業員にとって快適な環境を整えるためにも、エアコンの点検やメンテナンスを行い、空調の状態を万全にしておきましょう。

設置しているエアコンの調子が悪かったり、古くて効きが悪かったりする場合は、交換することも方法の一つです。

エアコン総本店では、さまざまな事業所における業務用エアコンの取付・交換をしています。熱中症対策エアコン交換なら、ぜひお任せください。

 

New
業務用エアコンは省エネ性が重要!節電するためには何をすべき?
2023年8月16日
New
業務用エアコンが故障した!?考えられる原因を解説
2023年8月16日

【 ご利用ガイド 】 - Information -

初めてのお客様へ

エアコン総本店にご来店いただきましてありがとうございます。
業務用エアコン専門店、エアコン総本店は業務用エアコン・設備用エアコンや 業務用空調機の販売、現場の打合せから施工・工程管理まで適正価格かつ 安全第一で高品質な工事をお約束します。

お客様から選ばれている理由

他社との違い

当店は1案件ごとに専任担当者がつきます。専任担当者がつくことのメリットは、 いつでも電話をすればすぐに連絡が取れ、営業担当者と現場管理者が同じなので 作業内容や進捗内容を把握していますので依頼したことがすぐに実行されるます。
窓口が一つなので、電話するたびに一から説明をする必要もなく、 お客様がちょっとしたことでも気軽に相談できる”安心感”があります。

お支払方法について

お支払いは銀行振込、クレジット、リース、クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS) などがご利用いただけます。
初期費用がかからず経費計上できるリースがおすすめです。
リース申請も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

お支払方法詳細

工事保障について

メーカメーカーの機械保証は1年、弊社独自の工事保証が無料で3年付いております。

3年工事保証内容詳細

業務用エアコン導入に使える補助金について

国の補助金・助成金、省エネ、脱炭素、ゼロエネルギー、新型コロナ感染症対策などに関わる補助金は次期や年度ごとにことなりますのでお気軽にご相談下さい。
当店経由での補助金ご利用案件に限りまして、申請代行も承っております。

補助金について詳細

工事について

当店は商品の販売だけでなく、現場調査、ご提案、施工管理からアフターサービスまでのトータルサポートを得意とする会社です。
インターネットを通じて法人様、一般のお客様よりご利用頂いております。
エアコン総本店が選ばれる理由

アフターサービスについて

業務用エアコンは高価で10年以上長期間使用するものです。エアコン総本店を安心してご利用していただけるようにアフターサービスのシステムを備えております。
業務用エアコンのアフターサービスには、エアコン機器本体(室外機・室内機・リモコン)に関するものと冷媒配管、ドレン配管、配線など工事に関するもの の2種類がございます。
迅速に対応できるように専任担当者によります万全のフォロー体制を敷いておりますのでご安心してご注文下さい。
☆お客様ご自身で取り付け工事業者を手配され、施工に関する不具合が生じた場合、当社の方で責を負いかねますので予めご了承ください。
☆機器本体は1年間はメーカー無料保証期間、工事は当店独自3年工事保証がついております。
上記以降のアフターサービスは有償扱いにとなりますが、状況をみていずれか判断しご案内いたします。
☆保証期間内でも有料保証となる場合がございます。詳しくは施工後にお渡しいたしました「3年工事保証内容」をご覧ください。
☆損害賠償保険の整備工事中ならびにお引渡後でも適応となる大手保険会社の損害賠償責任保険を完備致しております。

お問い合わせについて

全国対応(機器販売のみ可)
TEL:0120-71-0405

営業時間について

営業日:月~金(9:00~18:00)

当店について

返品・交換について

商品の品質には、万全を期しておりますが、万一商品が破損・汚損していた場合、または御注文と違う商品をお届けした場合は、商品到着後3日以内に弊社まで ご連絡頂けましたら、返品・変更を承ります。
お客様のご都合による返品交換は、受け付けておりません

ページの先頭に戻る